海殺しXを詐欺と喧伝する記事は真っ赤なウソ

事実無根の言いがかり

 リヴィエラ倶楽部が販売する最強攻略法・海殺しXを詐欺であると中傷する事実無根の捏造記事が出ました。もちろん完全な濡れ衣です。そのサイトはギャンブル系の情報商材を片っ端­から糾弾するふりをして、非常に腹黒い印象があります。小さな文­字で「全ての業者、団体、個人を詐欺と断定している訳ではありま­せんのでご了承ください」と巧みに言い逃れの道を作り、連日のようにネット上に存在するパチンコ、スロット­、競馬、競輪、宝くじなどの攻略サイトを探し当てては団体名、代­表者名、所在地などをブログ上に公開し、実質的には詐欺商法と断­定しているに等しい文面で名誉毀損行為に及んでいます。

 そのサイ­トには私どもが「無料もしくは小額の登録料や入会金で始めさせ、­出ないと、『もっと良い情報、特別な情報がある』と言ってくる」­と書かれていますが、私どもは客寄せ目的(?)の無料攻略法など提供していませんし、­登録料、入会金の制度すらありません。ましてや攻略に失敗した­購入者に別の攻略法を押し売りするようなことは一度たりともしたこと­がありません。私どものホームページ(下記参照)をご覧になって­いただければ一目瞭然ですが、そもそも私どもはそんなに沢山の商­品を持っていません。

 又、そのサイトによれば、押し売りした攻­略法でもうまくいかない人に「それが出ないと『今度は間違いない­。今度外れたら返金する』などと言って再度料金を請求される」と­あります。私どもは神に誓ってそんなヤクザまがいの商売をしてお­りません。しかも驚いたことに、そこで槍玉に挙げられている他のパチンコ攻略サイトの批判も完全に同じ文章になっています。まさに悪質極まりない報道です。

 このフォーマット化された文章に書かれている内容は、数年前に大きな社会問題に発­展したダーティーな攻略業者の実態そのものです。現在は偽攻略­法の被害者を救済する弁護士らの活躍により、そのような業者(法­外な金額でデタラメな情報を販売していた)の大半はネット上­から姿を消しています。皆様におかれましては、相反する情報をご­自分の目で慎重に比較検討された上で正しい判断を下していただき­たく宜しくお願い申し上げます。

 中傷記事が絶えない背景

 そもそもこの類の中傷記事にはなんらかの狙いがあります。最も多いのが同業他社からの嫌がらせです。インターネット上には玉石混交のパチンコ攻略情報が溢れかえっています。料金も似たり寄ったりです。攻略法を購入される方々の大部分はまず幾つかの信頼できるサイトを絞り込み、価格、内容等を総合的に判断して、最終的には一つか二つの攻略法を購入されるものと思われます。パチンコ攻略法ほどイメージの悪い商品(?)は世の中にありませんので、慎重な人ならば自分が購入を検討している攻略法に悪い噂がないかどうかネット検索で調べるはずです。それを見越して、同業者の悪い噂を捏造している品性下劣な業者が後を絶ちません。ライバルを「風評被害」の犠牲にして自分たちの売り上げのアップをもくろむのは人間として実に情けない行為です。何故、他の業界のように正々堂々と品質で競い合おうとしないのでしょうか。私どもには解せません。

多種多様な攻撃方法

 風評被害を発生させる手口は無数にあります。

(1)偽攻略法を告発するスタンスのブログを立ち上げ、強力なライバル業者を中傷してその評判を下げる。
(2)Yahoo!知恵袋のような質疑応答サイトにライバル業者の攻略法を信じてよいのかという内容の質問を出し、「あれは詐欺ですよ」というような回答を自作自演する。
(3)自分が販売する攻略法の購入者の反響と称して、「今まで○○や△△といった攻略法を買いましたが効果がありませんでした。でも、御社の商品を買ってはじめて勝てました」というような捏造文面でさりげなく(?)同業他社を中傷して、その評判を落とす。
(4)2チャンネルをはじめとする掲示板で同業他社を中傷してその評判に傷をつける。

 手口は他にもいくらでもありますが、話の本質から逸れますのでこのくらいの紹介にとどめておきましょう。特に(2)は噴飯ものです。鈍い人は自作自演に気づかないでしょうが、よく見ると不自然なことが多すぎます。質問の時刻と回答の時刻が表示されていますが、問した直後に回答者が現れるというのはどう見ても滑稽です。

 
世間を賑わしている大問題であればわからないわけでもありません。たとえば、佐村河内さん(作曲家?)に関する質問でもすれば、世間の注目度も高いと思われますので、すぐに回答者が現れることでしょう。しかし、世の中でパチンコ攻略法に興味のある人は非常に限られています。又、リヴィエラ倶楽部に一般的な知名度があるとは到底思えません。それなのに、質問の直後、首尾よく親切な回答者(?)が現れるのは不自然極まりないことです。

 リヴィエラ倶楽部のことを知っている人は日本でもごく少数でしょう。名前くらい聞いたことがあるとしても、誰が「その攻略法はインチキです」と断定できますか。普通に考えればすぐにわかることですが、私どもと競合する勢力しかそのような不正行為を働くわけがないのです。例外として十分に有り得ることは、世間ではパチンコ攻略法を十把ひとからげにして全て偽物であると思い込んでいる人が少なくないので、そういう人たちが思いつきで無責任な回答をしているというケースです。今、インターネットの匿名性は社会に大きな混乱をもたらしています。

 (3)も器の小さい人物が思いつきそうな猿芝居です。こんな姑息なことをしてまで潜在顧客に自分たちの攻略法を選んでもらいたいのでしょうか。私どもは同業者の中傷など過去に一度も行ったことはありません。(人の道として当たり前のことにすぎませんが・・・) 一人を除いてメンバー全員がカトリック信者であるリヴィエラ倶楽部は生涯を終えた後に天国に行けないようなことは一切しません。私どもも購入者の声をホームページに紹介していますが、実名入りの同業他社批判コメントは全て削除した上で掲載しています。宗教的な信条のみならず私どもには顧問弁護士がおります。万一、私どもが悪行を働けば、良好な関係にひびが入り、相談に応じていただけなくなります。

新種の手口

 今回の事実無根記事は新種の手口です。先方の狙いが明確に見えてきませんが、とにかく無数の団体、個人を告発していることから「並みの組織」ではなさそうです。皆さんはできますか?なんの根拠もなしに他人の実名、会社名、団体名などを公の場で晒し、あたかも詐欺であるかのように報道することが。たとえ良心の欠片すらない人であっても、怖くてできないはずです。当然ながら抗議の殺到が予想されます。それをなんとも思わない人たちは一体どういう人種なのかということを想像して下さい。ネット上に事実に反する自分の情報があれば誰だって立腹します。もしかして、このたびの刺客は抗議してきた人に対し、「記事を削除する条件として金を出せ」とでも言うのかもしれません。

背後にあるものは検索順位

 いずれにせよ、今後もこのような中傷は絶えないでしょう。私どもが最強攻略法・海殺しXを販売し始めた頃にはなんの風評被害もありませんでした。ところが、ホームページがヤフーやグーグルの検索で上位に出るようになってから定期的に攻撃を受けるようになりました。これも笑える話です。結局、インターネット上のビジネスはなんであれ、検索順位で決まってしまうのです。検索ですぐに見つからないサイトは如何に商品が優秀であっても売れることはありません。検索で上位に出る攻略法が詐欺疑惑にかかっていれば、必然的に潜在顧客は「次を見る」をクリックして、本来であれば決して見ることもないであろう10ページ目、20ページ目に表示されている攻略法にも目がとまるというわけです。このようにして検索順位の低い業者が顧客を獲得することになるのでしょうが、企業活動として同業他社の悪い噂の捏造を恒常的に行うというのはまさに狂気の沙汰であります。

ラッキーなことに・・・

 捏造記事や事実無根の中傷を目にすると本当に悲しくなります。我が子が学校でイジメに遭っている親の心境です。しかし、運が良いことに今まで何度も悪意のある人たちから攻撃を受けてきたにもかかわらず、私どもの月々の売り上げ(元々たかが知れていますが・・・)は常に安定しています。どんなに悪い噂がたっても、人々の信用を失わずにすんでいます。これだけが唯一の救いかもしれません。検証に検証を重ねた上で構築した私どもの攻略理論は少々のことではたじろぐことがありません。購入者の皆様とは今後も末永いおつきあいをさせていただくつもりです。

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親
(最強攻略法・海殺しXの開発者)

P.S. またしても似たような手口の捏造情報が出ました。それに対する反論は別のブログで行っております。(下記参照)

海殺しXを詐欺呼ばわりする詐欺業者

【追記】 当倶楽部を中傷したサイトを運営する会社はその後、当局により営業停止処分になりました。警視庁のホームページにも社名が公表されています。ところが、少しも懲りずにすぐさま別名の新会社を立ち上げ、再び浅ましい犯罪行為(詐欺被害者を救済するふりをした着手金詐欺)を展開している模様です。ここまでくるともはや人間のクズです。

最強攻略法・海殺しX HPへ
スポンサーサイト